<radiko(ラジコ)について>

radiko(ラジコ)は、日本のラジオ放送をインターネットで同時にサイマル配信する、IPサイマルラジオサービス「radiko.jp」の略称で、インターネットのIP通信を利用して地上波のラジオと同じ内容をサイマル配信するサービスである。放送エリア内において以前は良好にラジオ放送の受信が可能であった地域が近年は都市部を中心に高層建築物の建設やモーターなどの雑音源増加により受信環境が悪化していること、若年層のラジオ離れ、地形などの関係で元々難聴地域があるなどラジオ業界が抱える諸問題の対応策としてradikoが作られた。2011年春には東京および大阪の周辺局や大都市圏に、さらに夏以降はそれ以外の地方にも対象エリアを順次拡大し、2013年1月時点で37都道府県を対象に各地の民放ラジオ99局のうち66局がローカル配信を行っている。また2012年4月には2つの局が全国配信を開始し、聴取エリアが全都道府県に拡大した。今後は全民放ラジオ局の参加を目指している。配信の対象機器は主なものとしてパソコンやスマートフォンがあり、聴取には専用サイト「radiko.jp」にWebブラウザからアクセスするか「radikoガジェット」「radikoアプリ」など公式の対応アプリケーション・ソフトを利用する。専用サイトには各局の番組表が当日・翌日の2日分あり、確認することができる。「実用化試験配信」時期からユーザー登録は不要、さらにOSやブラウザソフトによる制約も少ない。